薬剤師は災害時にも活躍する?

薬剤師は災害時にも活躍する?

災害が起きた時、それは、多くの方のケアが必要となるときでもあり、その場所には、やはり、医者もしくは看護師、更には薬剤師というような医療スタッフは確実に必要とされる存在となります。 本来なら、イメージ的に、医者や看護師が活躍するイメージですが、やはり災害の時というのは、薬剤師も必要な人材となるのです。

もちろん、薬剤師は、医療行為そのものができるわけではなく、医者とは、できる事がことなりますが、薬剤師だからこそできる事も多分にあるのです。 それというのも、2011年3月に起きた、東日本大震災以降は、述べ数千人とも言う薬剤師ボランティアのみなさんが、東北の被災地に向かい、その現場で活躍する事となりました。

災害時に活躍する薬剤師とは、一体何をするのか? 災害時における薬剤師は、薬品の仕分けやら、避難所での薬品の管理、指導等を行う事となり、薬品の仕分けをする薬剤師は、支援物資が送られる拠点病院において、薬品の仕分け作業を行い、どの薬品が、どの施設へ送るのか等を決めたりしました。 又それに伴い滞りなく薬品、品物が行き届くように配慮を行う事となうのです。

そもそも、こうした薬品の管理は、薬剤師が普段から薬品を取り扱い慣れている存在だからこそ、でき得る事で、尚且つ薬品における専門的な知識と管理業務ができる存在であるからこそ、必要且つ、そうした場所でも重要な存在となるわけです。 また、薬品の管理を行う業務を任される薬剤師は、避難所もしくは、被災地の病院及び診療所において、被災者のための服薬管理と服薬指導を行いながら、患者さん、被災者の皆さんのセルフケア、セルフメディケーションのサポートを行っていく事となるのです。

被災地は、建物が崩壊するところもあり、もちろん建物が無事なところもありますが、やはりライフラインの停止であるとか、物資の流通が滞ってしまいますから、衛生面でも非常に悪い状態となります。 更には、感染症などを発症してしまうケースもありますから、手洗いの指導であるとか、薬品の消毒等を徹底して行い、食中毒であるとか、感染症予防に務めることとなります。

被災地では、これだけでなく、慢性疾患もしくは持病を持つ被災者による日常の服用薬等をヒアリングし、服薬の指導、必要な薬剤における補充等を行い、栄養剤等を提供していく事となります。 このように、災害が起こった場合、医師の力、看護師の力、薬剤師の力が、ひとつになることにより、被災者のケアを確実に行っていく、いけることにつながるのです。

Copyright (C) 2007-2013 薬剤師とインターネット. All Rights Reserved.