学歴の差は年収の差

薬剤師という職業は、学歴により年収が異なるのか?この問題に関して少し考えると、薬剤師は、基本的に、薬科大学及び大学の薬学部での勉強を重ね、国家試験を受け、資格取得という職業ですが、この同じように見える学歴が年収の差につながるのか?

実際、学歴は、当然、同じようなもの、というのは、薬剤師のみなさんに失礼な言い方ですが、学歴における差は殆どないと言えますから、学歴により年収の差が生じることは、ほとんどないに等しい事となります。 ですが、果たして本当に学歴の差が年収の差という事が無いのか?という部分に関しては、実は、『必ず』ではないという事はいえそうです。

つまりこれには、どんな大学の薬学部を卒業しているかにより、その違いが発生する事もあり、薬剤師の就職活動そのものは、ある程度選択肢というものが決まっておりますが、その中でも、そこへ入り込むという事が非常に厳しいところもあるわけです。 その入り込む事が難しい、の代表が厚生労働省。 この場所は、当然、国家公務員という事になりますが、この場所は、まず、就職するのは難しい、ないに等しいとも言える場所。

仮に、そのポストの狙い方を変えたとしても非常にそこへ入り込む事は、厳しいというのが現状です。 しかし、収入面を考えて、『なんとか』という場合は、収入面は当然、期待できる場所ともなりえます。 又薬学部から、この場所へ就職を考える場合は、薬学部と言っても、どこの薬学部であるかにより『条件』の異なる条件が強いられるところはあります。 つまりは、ある特定の大学における合格者が多く、その他は、おそらく無理と言うのが正直な見解です。

このタイプ、傾向が多いに挙げられるのが、他にも大病院であるとか、一流の企業等の場合で、こうした場所へ就職する場合、収入面にも期待できる就職先とは、なるものの、入り込む事は、非常に厳しく、どこの大学か?により、その条件は大いに異なる場所とも言えるのです。

薬剤師における学歴の違いは、年収の差か?という部分は、選択する就職先においては、どこの大学であるか、により大いに関係し、そうした面での差は、確実にありえるということはいえます。 ですから、これから薬剤師を目指し、将来大きなポストを目指したい、身入りのよいポストを狙いたいという場合は、この『どこの大学』を選択するべきかを、まず考えてそこからスタートされるほうが、確実にその線を狙える可能性は高くなるという事なのです。

Copyright (C) 2007-2013 薬剤師とインターネット. All Rights Reserved.